風水における財布の色あれこれ

風水とは、古代中国から伝わる気の流れの作用が建物や住居や置物などの位置などにより、大きく変わり、それに従って運勢が変化していくという思想です。

たとえば財運。
風水においてどんな財布を持てば財運、金運が向上するのでしょうか?
風水的にはお金が「居心地が良い」と感じる財布の形状や色が良いと言われます。
ここでは「財布の色」にポイントを絞って考察していきましょう。

一般的に、風水で金運がアップすると言われる色の一番手は「金色」です。

ただし、金色の場合には色の力が強烈すぎて、マイナス方面に力が分散して散財してしまう負のパワーも強いので注意が必要です。
そうした負の方面にも強いパワーを抑えるためには、「土の気」を持つといわれる茶色系の色を金に混ぜていくと良いと言われます。

派手なお金の出入りなら金色のパワーが一番ですが、「お金が逃げない」という観点で見れば黒色が最強です。
どういう人が使うのが最適かといえば、既にある程度仕事で成功して富を得ていたり、資産が手に入ったりした人。
こういう人は、できるだけ「お金が出ていかないようにする」ことを主眼として財布を選ぶのがベストでしょう。
その際、黒色にはお金を鎮まらせて落ち着かせ、衝動買いをはじめとした無駄な支出を抑え込む力があるといわれています。

反対に、今まであまり金運が良くなく、借金などもしがちだった人に最適な色は白です。
白には「すべてリセットして振り出しに戻す」という効果があります。
ですので、今までマイナスになりがちだった金運を整え、リスタートさせてくれる効用があるのです。

最後に、これだけは避けた方が良い財布の色は「赤」と「青」です。
まず、青色の財布ですが、これは「水の気」を持っているので、手に入れたお金が全部流れていってしまい手元に残らない暗示があります。
そして、赤色。
これは「火の気」です。
水の気の青以上に金運にとっては厄介な色で、火の気で稼いで手に入れたお金を燃やしてしまうばかりか、持って生まれた財産なども燃やして散財してしまう危険性のある色です。

このように風水では、持つ財布の色によって随分財運が変わってくるのです。