やり続けることも開運のコツ。

風水。それは心地よい日常を送ること。そう感じています。気持ちよいこと、というふうにも言えますね。確かに開運を最大の目的にこれを行なっている方がほとんどでしょう。なんとなくかっこよくもの申している自分だって、究極の目的はこれにあることはやっぱり隠せませんね。

この風水の基本は、おそらく方位だとか色だとか盛り塩だとか、数え上げればきりがありませんが、部屋のインテリアとしての風水だってあるのです。もう、多くの方がご存知かもしれませんが、インテリアとしての風水は、たとえば絵とか写真。これらを風水的に見て最適なものを部屋に飾るわけです。

一番多いのはフルーツではないでしょうか。フルーツは収穫という意味でもすごく開運に関係ありそう。しかも、黄色のバナナ、赤いリンゴ、オレンジ色のミカンかどがなかなか人気のようです。これらはインテリアとしても空間に華やかさを演出しますから。

というわけで、風水については、ひとつ正体が見えた気がするので、これを実践し続けるというのは、人生に彩りというかプラスアルファの楽しみみたいなものを添えるという感じに近いですね。けっして悪い方には転ばないような気がします。

いま、世の中にはいろんな風水グッズなる商品が出回っています。風水絵本なんていうものもあるぐらいです。けれど、これらを購入していざ風水を始めようとしても、もし、すぐにやめてしまったら、ものすごくもったいない気もします。それはお金だけじゃなく、せっかく開運のチャンスがそこにあるのに、それをみすみす逃してしまうようなことになるのではないか、と。

いちど始めたら、やり続けることも開運のコツではないでしょうか。三日坊主では結果は見えてきませんから。続けて結果を出している人は確かにいるのです。実は、風水はそういう可能性をもったものなのだということは、たぶん、多くの方もうすうす感じているのだと思います。